原発通信338号

原発通信原発は命の問題だ!

screenshot_578 3.jpg

更新 2013-01-07

「原発通信」は2013年1月からサイトURLが下記に変更になりました。
最新号は http://www.genpatsu-tsushin.com/2013/でどうぞ。

原発通信 338号 

2012/11/15発行

338-1115 脱原発世界会議

詳細はこちらで。

言っちゃいました、「16日に解散する」と。
野田佳彦という男は何をしたかったのか

 政治家になることを夢見て早稲田大学に入り、松下政経塾へ。そして、未曽有の3.11東日本大震災と福島第一原発メルトダウンという最悪の事故を引き起こした東電。その対応をめぐってのドサクサ騒ぎのなかで手に入れた総理大臣という最高権力。震災復興も、原発事故対応も、盛り上がる脱原発社会への希求も一切興味ないとばかりに、税と社会保障の一体改革などと叫ぶ。税と社会保障の一体改革をなした名宰相として歴史に名を残すつもりだったのだと思います。しかし、歴史はそうは動いてはくれないでしょう。

 歴史の流れを見極めることも歴史に学ぶことをしないものに、新たな歴史の幕を開けることはできないのです。

 昨日(11.14)の野田首相と安倍晋三との党首討論をTVニュースで見ましたが、今、「私たちの目の前にあるリスク」について、「さあ、どうするんだ!」という討論ではなく、「自分たちの目の前のリスク──定数是正」だけに興味関心があることを恥ずかしくもなくさらけ出していました。なんか見たことがある──そう、学級会・ホームルームでの話し合いと似ていると。そんな低レベルの内容でした。

 もちろんもう少しで還暦だといういい歳をした連中がやっているから「学級会・ホームルーム」程度と言ったので、子どもたち、生徒たちが真剣に行う学級会・ホームルームを揶揄しているわけではありません。 


「安全規制に必要な知識が必要だが、残念ながら今(規制委には)それはない」!!?

 冗談は休み休み言ってほしい。専門家を自負していたのではないでしょうか。

 この「原子力規制委員会」や原子力規制庁(まあ、原子力規制庁もあの安全・保安院が横滑り、看板架け替えただけですから同様でしょう)、いったいなのができるというのでしょうか。

 たい焼き屋が「たい焼き焼けません」といったら、たい焼き屋ではありません。規制するところが、規制するだけの知識や人材がありませんといったら、いったい何屋さんなのか? 冗談抜きに、こんな連中に任せることはできません。野田首相にはそんな連中を専門家として、国会を無視して登用した「任命責任」があるというものです。

 今日は、その原子力規制委員会がらみのニュース、5本。

*原子力委員会委員紹介


▶「拡散予測能力規制委にない」 丸投げ問題で委員長

東京新聞2012年11月15日 朝刊

【原子力規制委員会が公表した原発事故時の放射性物質の拡散予測を、孫請けのコンサルタント会社に丸投げしていた問題で、規制委の田中俊一委員長は十四日、「(規制委が独自に予測を行う能力は)正直言って、ない」と】

【「これから安全規制に必要な知識や人材はかなり高レベルのものが必要だが、残念ながら今(規制委には)それはない。だからこれまでのやり方を点検しながらやっていく」と】

▶規制委:原発集中の弊害指摘…田中委員長

毎日新聞 2012年11月15日 01時38分

【原子力規制委員会の田中俊一委員長は14日の記者会見で、1カ所に複数の原子炉が集中する原発について、安全対策上、適切ではないとの考えを示した】

【田中氏は「原子炉数や総出力だけでは(いいか悪いか)判断できない」としつつも、「原子炉が並んでいると、一つで大きな事故があれば対応が困難になる」と】

 もっともでございます。じゃあ、どうします…。一つだけ動かす? いいえ、そうしたところで、仮に動かさないとした原子炉の隣には、どこへも持っていく場所がない、例の「使用済み核燃料」が何千本とあるのですから、危機が去るわけではありません。それは福島第一原発4号機が証明しています。

▶複数原子炉“特別な安全対策要請も”

NHK TV11月14日 23時55分

【原子炉が複数ある場合、1つでも大きな事故が起きると、隣の原子炉でも対応が困難になるので、設備面での要求も含めて考えなければならない」と述べ、運転再開の判断に当たっては、特別な安全対策を求める可能性に初めて言及】

▶大飯原発“関西電力の調査に疑問”

NHK TV 11月14日 12時20分

【島崎邦彦委員は、14日の会合で、「電力会社の調査の考え方に疑問が出てきている」と述べ、関西電力の調査方法に疑問を】

【島崎委員は、大飯原発の敷地を走る「F-6破砕帯」という断層について、「関西電力は『破砕帯がこれまでの調査より短く、位置も違っていた』と説明していて不明な点がある」と述べたうえで、「調査の考え方に疑問が出てきている」と述べ、関西電力の調査方法に疑問を呈しました】

▶原子力規制委:大地震想定し初の初動訓練実施

毎日新聞 2012年11月15日 11時00分

【原子力規制委員会は15日、早朝に新潟県で大地震が発生したとの想定で、田中俊一委員長や委員4人らが東京都内の対策拠点に駆けつける初動対応の訓練を実施した。地震の訓練は、9月の規制委の発足後初めて】

【連絡を受けた委員と原子力規制庁の幹部ら計約60人が、自宅や待機宿舎から霞が関の規制庁緊急時対応センター(ERC)に集合】

 だそうです。でもね、3.11の時のこと、私たちはまだしっかり覚えているのです。電車は止まり、道路は駐車場状態──。本当に来たらではなく、来たのです、それも今回想定したという震度6ではなく、もっと小さい震度5であのありさまだったのです。

 訓練では、午前6時半にはみな霞が関にお集まりになられたとか。でもね、早朝は交通量も少ないときで、ましてや事故は都合よく早朝に起きてくれるという保証はないわけです。しないよりはいいのでしょうが。それよりも国民の安全を考えたら、目の前のリスク=原発を廃炉にするということしかありません。


▶核燃料税:鹿児島県、5%上げ 「原発停止中も課税」発表

毎日新聞 2012年11月15日 西部朝刊

【九州電力川内原発(同県薩摩川内市)に課している核燃料税の税率について、来年6月から5%引き上げて17%とし、12%を価格割り、5%を出力割りとする】

【出力割りは、原発が稼働しているかどうかにかかわらず、原発の規模を示す熱出力に応じて課税する方式。原発停止期間中でも一定の税収が得られ、福井県や石川県が先行して導入している。価格割りは、交換された核燃料棒の価格に課税するもので、為替相場などの変動を受ける】

【九電は今回の川内原発への核燃料税の課税と税率引き上げについて「納税者として大変厳しい。しかし、今後も原発の運営を継続していく中で、原発立地地域の安全安心の確保や、地域と発電所の共生は大切であり、鹿児島県の方針は受け入れる」】

 原発停止期間中でも一定の税収が得られと、先行事例がある福井県や石川県を手本としてカネととろうということです。姑息なのは九電に言いぐさ。

 「納税者として大変厳しい」だと。しかし、「今後も原発の運営を継続していく中で…地域と発電所の共生は大切であり、鹿児島県の方針は受け入れる」だと。

 つまり、値上げは構いませんよと(…どうせ、総括原価方式ですから、自分の懐が痛むわけではないし)。その代り再稼働を認めよ、ということです。カネをやるから再稼働といっているのです。

▶浜岡原発:中電、住民見学会を初公開 津波対策壁など確認/静岡

毎日新聞 2012年11月15日 地方版

【中部電力は14日、浜岡原発(御前崎市)で建設中の防波壁(海抜高18メートル、延長1・6キロ)の工事現場で、地元住民を対象に8月から実施している見学会の様子を初めて報道陣に公開】

 「どうだ、これで!」というつもりで地元民に見せたのでしょうが、そんなもので大丈夫だなどと思う人いないでしょう。高さも足らないといわれているし、長さだって1.6キロしかありません。そのわきを回り込まれたら…。それにあそこは砂丘だといいます。東日本大震災では、強固につくった防波堤や防潮堤などが乗り越えて流れ込んできた波に海と反対側の根元がえぐられ、崩壊してしまったということも知ってしまったのです。

☆ 

「建設工事再開は、暴挙」と函館市長

▶これが言いたい:大間原発工事は無期限凍結すべきだ=北海道函館市長・工藤寿樹

毎日新聞 2012年11月15日 東京朝刊

【函館市は、大間原発の予定地から最短で23キロ、晴天時には、工事現場が見えるほどの至近距離にある。「青森と北海道」と一般に抱かれているイメージよりも密接している】

【福島原発ではいまだに事故の原因を究明できず、原子炉内の状況さえも把握できず、収束の見込みはまったく立っていない。現在も16万人の人が故郷を奪われ、避難生活を余儀なくされている】

【函館もまた観光をはじめ、さまざまな分野で大きな影響を受けた。大間原発の50キロ圏内の人口は青森側が9万人に対し北海道側は37万人に達し、事故の際はより大きな影響を受けることになる。住民の不安は募るばかりで到底、建設に理解を得られる状況ではない】

【大間原発では使用済み核燃料は20年分しか保管できず、最終処分場の引き受け手などあるはずもなく、その処理方法の見通しもまったく立っていない。しかも再稼働と違い電力需給の問題も生じない】

【大間原発が面する津軽海峡が国際海峡であり、領海が通常の12カイリではなく3カイリしかないことだ。海上からのテロなどが懸念され、安全保障上も大きな問題がある】

 まったくその通りです。そうした危惧に対して、函館市がJパワーに質問状を出しても音沙汰なしだそうです。人喰ったこと平気でする連中です。

JA、佐賀は脱原発。福井は原発推進

▶JA・佐賀、原発依存せず決議へ 玄海原発立地県

東京新聞2012年11月15日 11時20分

【JAグループ佐賀は15日までに、「原発に依存しない社会を目指す」とする今後3年間の活動方針を決議することを決めた。12月4日の県大会で採択する】

▶原発を含むエネルギー「ベストミックスを」 JA県5連と県経団連が声明/福井

毎日新聞 2012年11月15日 地方版

【JA県5連の山田俊臣会長と県経団連の川田達男会長が14日、福井市内で記者会見し、原発を含むエネルギーのベストミックスと、北陸新幹線金沢-敦賀間の早期開業を訴える声明を発表】

【声明文は「原子力の選択肢を失うことは、電気料金の高騰、産業の空洞化を招き、産業、雇用にも大きな打撃となる」と指摘。「場当たり的なエネルギー戦略は、日本の活力を失う」とし、政府の2030年代の原発ゼロ方針を批判】

 福井のJAは処置なしです。どこまでも原発を抱き続けるのでしょう。まだ、原発は安いなどとたわごとをいっています。「場当たり的なエネルギー戦略は、日本の活力を失う」ですって。冗談ではありません。「金欲しさに原発を動かし、事故でも起せば、日本が滅んでしまいます」と言い返したい。


▶<福島第1原発事故>双葉の41人、東電提訴へ

毎日新聞 11月14日(水)22時25分配信

【東京電力福島第1原発事故で古里を追われ住居や仕事、健康、地域コミュニティーなど全てを奪われたとして、福島県双葉郡の原発30キロ圏内に暮らしていた20世帯41人が12月3日、計約10億7500万円の賠償を東電に求め福島地裁いわき支部に集団提訴する。避難先の同県いわき市で原告団を結成し14日、弁護団が明らかにした】

▶福島第1原発事故 県、東電に3000万円請求 下水道事業では初 /岩手

毎日新聞 2012年11月13日 地方版

【県ではこれまで放射性物質の測定機器購入や原発事故対応の人件費など2回にわたり計約4億7600万円を損害賠償請求しているが、下水道関連の請求は初めて。内訳は、汚染汚泥・焼却灰などの保管・処分費用2816万5282円と放射線測定費用281万9845円で計3098万5127円を請求】

▶3号機にカバー設置へ=重さ1500トン、福島第1―東電

時事通信 11月14日(水)21時0分配信

(イラスト)

【使用済み燃料プールから核燃料を取り出すためで、クレーンなどを併設する。重さは約1500トンだが、東電は建屋の耐震性などに問題はないとしている。東電によると、カバーは東西約57メートル、南北約19メートル、高さ約24メートルで、建屋5階の燃料プールにかぶせる。現場は放射線量が高いため、作業員による固定作業は行わず、建屋の凹凸を利用して設置する。大気中に放出される放射性物質を減らすため換気設備も備える】

 だそうです。

 お解りのことと思いますが、この3号機から今も放射性物質が出続けています。だからこそ、「現場は放射線量が高いため、作業員による固定作業は行わず」であり、「大気中に放出される放射性物質を減らすため換気設備も備える」なのです。


衆院解散、総選挙

▶野田首相:通知表の「ばか正直」褒められた

毎日新聞 2012年11月15日 00時38分

【小学生時代、通知表を自宅に持ち帰った際の自身の思い出を披露。「成績が下がっておやじに怒られると思ったが、生活態度を書いた講評に『野田君は正直の上にばかが付く』と書いてあるのを見ておやじは喜んでくれた」と振り返ると、「だから、元々うそをつくつもりはありません」】

 そんな小さなウソは、どうでもいいのです。野田佳彦は、現在内閣総理大臣という最高権力者です。ウソは大きければ大きいほど信用されやすいといいますが、「原発事故が終息した」だの「原子炉は冷温停止状態」だのと嘘八百を並べたことはどうなんでしょう。

 きっと、地獄で閻魔様に舌を抜かれることでしょう。

▶衆院16日解散:「泥仕合」に失望感…「投票どこに」

毎日新聞 2012年11月15日 09時44分

 どうも私たちが日常使う言葉と、彼らの言葉の用法、意味は相当違うようです。

 「また、ボクちゃん、総理大臣になれる」とはしゃいでいる安倍晋三の家庭教師を務めていたという平沢勝栄が16日に解散すると言った野田首相のことを「野田さんは勇気あるな。リーダーとしてたいしたものだ」といったとのこと。この記事を読んで、「勇気」「たいしたもの」という意味と使い方、私とだいぶ乖離しているなあと思いました。

 さすが、警察官僚出身の平沢サンです。「犯人はお前だと証拠は上がっているんだ! 早く吐いて楽になれ!」という刑事ドラマに出てくるシーンを思い浮かべました。

 「野田、ようやく吐いたな。よく吐いた」と言っているように聞こえたのです。それを「勇気」というのでしょうか…。皆さんはどうでしょうか。

 同じ日本語を使っていると思っていましたが「悲しいこと」です。

 そして、さあ、就活だと、会社めぐり、いや地元めぐりに──。

【自民党の平沢勝栄氏(東京17区)は「(党首討論での解散表明は)普通ならあり得ない。野田さんは勇気あるな。リーダーとしてたいしたものだ。今から地元に戻らないと」と】

▶社民・阿部政審会長が離党の意向

NHK TV 11月15日 13時15分

「社民党にとどまっていては、脱原発など大きな政策課題が実現できないので、新党を立ち上げたい」と。

▶民主離党者続出、解散へ動揺=「0増5減」午後に衆院通過

「沈みゆく船からわれ先に逃げ出す」──自分の命さえ助かればいい──そういうことだと思われても仕方がないでしょう。その前にきちんとやってほしかったのです。

▶「一票の格差」放置なら一斉無効訴訟も 弁護士ら検討

朝日新聞デジタル 11月15日(木)9時4分配信

【1960年代から訴訟を続けてきた一つの弁護士グループは、抜本是正が行われない中での総選挙の実施を防ごうと、「差し止め訴訟」が起こせないかも検討している。ただ、「被告をどこにするのか」など訴訟上の難しさがあると】

 専門職の出番です。

左サイド見出し2.png

2013年は正念場。ともに脱原発までたたかおう!

左サイド見出し3.png

過去のニュースでは、ニュースソースへのリンクがページが移転するなどで切れている場合があります。ご了承下さい。

12月

「脱原発工学」の構築をと吉岡斉さん、ヤンキー政党と化した自民党と喝破する斎藤環さん

米原子力空母乗員が、東電に損害賠償請求で提訴

茂木経産相、エージェントぶりをさっそく発揮

「僕は泣いちっち」が問いかけるもの/ドイツ通信24

東電常務、汚染水は海に「戻したい」

規制委調査団、活断層と断定 東北電力東通原発

虎視眈々と狙っている、原子力マフィア・マフィアの代貸や舎弟たち

さあ、来週からは“真打ち”登場です

小出裕章さんの生き方と、東京電力サラリーマン的生き方

早速始まった、原発ゼロ政策見直し策動

安倍晋三と橋下徹は、この国をどこへ引っ張っていこうとしているのか

青森 東通原発で断層の現地調査開始

「科学的根拠を示す」のは、自分たちだろう!

敦賀原発の下に活断層と判定

敦賀原発、廃炉決定か!/投稿:今井一批判/自民改憲案批判

「みんなで決めよう『原発』国民投票」事務局長今井一氏に問う

笹子トンネル天井崩落と「無常」、そして原発

今回の総選挙は、「何を学び、どう生きていこうとするのか」を問う選挙

11月

過去の失敗も認めて抱き締める愛しさが愛国心だ/ドイツ通信22号/自民党憲法改正草案の問題点

些細なことどころか、「脱原発」は大きな争点となってきた!

橋下は、第三極の頭ではなく、「第五列」だ!

放射能拡散は「価値観」で予測するものなのか

総選挙を前に、「政党」の離合集散があわただしい

「機械と火」ではなく「生命と水」に育まれた社会へ

自分だけは大人ぶった、仙谷由人センセイ

流言飛語を振りまくデタラメ男と暴走老人

「人々は首都の官庁街に何万人規模で集まってよいことを知った」

目方で測れるのなら苦労はしない

電力など123社、安全審査で新機関

「安全規制に必要な知識が必要だが、残念ながら今(規制委には)それはない」

そう、原発は「小異」ではありません。

敦賀原発 月内にも断層調査

10万人が霞が関一体、東電前、Jパワー前などで抗議行動

今度は火事の備えができていないそうです

原発問題は政策選択の問題ではない

原子力ムラ・原子力マフィア代貸の“トンデモ集”

福島県立医大による甲状腺検査問題

「大勢の人に囲まれ、冷静に判断できない」と岡田篤正・立命館大教授

柏崎刈羽原発:燃料集合体部品変形 規制委が改善命令検討

10月

「計算条件の設定などは、規制庁がJNESに指示」した。だから丸投げではない?

「規制される立場にある電力会社からの指摘で誤りが判明」

英原発会社:買収へ、日立と東芝が名乗り

東京のガレキ焼却灰、多摩・日の出の処分場に

「活断層の定義の拡大を検討」と「原子力災害対策指針案」

その後の人生の道を選択させたものはなんなのか──島薗進さんのこと

原発の安全基準を検討するメンバー決まる

「科学者なら誰でも気づくと思うが、40年廃炉ルールの根拠はあまりない」

“極楽とんぼ”を集めて地球環境フォーラムを開いた朝日新聞

夢より希望を──性差、そしてヒトの歴史から脱原発社会を考える

大間原発:函館市長、建設凍結の要請書

10/12-13連続行動参加報告/ジャック・アタリのフクシマ論

10.13日比谷野音「さようなら原発集会」行動提起

「東大話法」の使い手はいま

他者を思うこと、他者に共感すること そして原発を考える

10.5金曜抗議行動(国会正門前)報告/ドイツ通信第21回

福島健康調査検討委「秘密会議」続報!

安倍の「深刻に反省」は選挙向けパフォーマンス/ドイツ通信第20回

今度は福島県健康調査で「秘密会議」

「2030年代に原発ゼロにすると決めたわけではない」

「今、福島では放射能の話はできない」

9月

原子力マフィア、「再稼働」

原発事故:防災対策、30キロ圏に拡大…規制委が了承

「強い日本」「日本を取り戻す」──気分先行型政治の危険性

平智之衆院議員インタビューに注目

住民に心臓病など深刻な健康被害・チェルノブイリのいま

『カネだけが人生を充足させるわけではない』──さて、どなたの言葉でしょう?

30年代原発ゼロはたんなる「目標」?

もう「科学の話」でも「エネルギーの話」でもない

「2030年代の原発ゼロ」──閣議決定見送りに

「2030年代の原発ゼロ」──でも、原発はつくります?

9.14首相官邸前、霞が関抗議行動

「維新の会」の熱狂が意味するもの

早速やってくれました、伸晃クン。

学術会議、核廃棄物処理白紙見直しを提言

相次ぐ「不祥事」と「意味なき」労働が問うもの

霞が関一体で繰り広げられる反・脱原発、原子力規制委人事案反対行動

再稼働不要裏付け 今夏消費5~11%減

全国40都道府県82か所で抗議行動

何が問われているのか。そして「何をなすべきか」

原爆を不要としたように、原発も不要と確信したのです

再稼働反対を言うことは「まぎれもない現実論」

8月

原発訴訟、安全性本格審査を 最高裁研究会で改革論

「潜水艦のようにつくってあるから大丈夫」……もうアニメの世界です

これからの社会のグランドデザインをどう描くのか

何が起きたか、何が起きているかを知ること

原子力規制委:田中氏など委員5人、閣議決定

昨日の面会は「NHK青年の主張」だったのか!

政府の「討論型世論調査(DP)」では半数が「原発ゼロ」と

「収束宣言」が出ても何も変わらない。自宅に帰ること諦めました

米NRCが原発の認可手続きを停止

オリンピックだ、史上最多のメダル獲得だなどと浮かれている間にとんでもない「合意」が

永田町の新作喜劇『近い将来』……フクシマは何も変わっていないのに

東電公開映像/規制委員会人事/ドイツ通信19

東電テレビ会議公開映像から見えるもの──アンゼンダからタイヘンダに!

東京電力、テレビ会議映像を公開

仙谷、言うに事欠いて再稼働に反対する人々を「論理の飛躍がある」だと!

原子力規制委員会よりも、原子力ムラ規制・監視・解体委員会の設置を!

マスコミ人──反省するヒト、「前から知っていた」かのように装うヒト、さまざま。

7月

米倉経団連会長、野田首相といっしょに退場してください

7.29脱原発国会大包囲行動 20万の市民が国会を包囲

<原発推進秘密会議>司会役がメール削除 隠滅の疑い

海水で腐蝕し、活断層上で揺れる原発

イチローのほうがそんなに重要か NHKニュースウォッチ9

政府事故調、報告書を提出

再稼働反対抗議行動全国に波及

不都合な事実は見ないことに。そしてここでも山下俊一が登場

「いじめは卑怯だ」と野田首相。でも、今のあなたにはそれをいう資格はありません

志賀、大飯、敦賀の下に活断層! 志賀原発 活断層なら廃炉!

脱原発集会に17万人が参加 この力で再稼働阻止!すべての原発を廃炉へ!

警視庁、歩道のみに規制、鉄柵で囲む。世界の笑いもの

野田首相を、Give up ! と言うまで追い込もう!

「社員のプライバシー保護の対策を取ったうえで公開」

おおい町・時岡町長、クラゲに自然の脅威を感じる!

鹿児島県知事選、向原さん20万票取るも勝利逃す

再び万余の市民が首相官邸前を埋め尽くし、再稼働反対を訴える

国会事故調報告書についての各紙報道

国会事故調、報告書を国会へ提出。WEBでも公表

資本は自らの墓掘り人をつくり出す──次をどう描くか

要はコストがかさむからということなのでしょう。運転する資格なし!

首相官邸前の道路を埋め尽くす20万の市民!

6月

「後始末もできないのに再稼働だなんて」そして、警報鳴り止まない大飯原発

6.22報道ステーションで古舘伊知郎の突っ込みに寺島実郎タジタジ

町長だけに謝罪すればいいのか! しかも非公開で

政府事故調、「菅氏誤解」というのだけれど なぜ伝えられなかったのかが問題なのでは?

「ハーメルンの笛吹き男」か橋下大阪市長、また吠える

「再稼働反対!」「命を守れ!」と首相官邸前に4万5千人が集結

「中途半端な教養は、無教養よりたちが悪い」──ピーサレフ

東電、「最終報告書」で開き直り。「俺たちに非はない。悪いのは菅と官邸」

本通信、発信し始めて今日で1年がたちました

大飯原発再稼働などをめぐる「トンデモ発言知事一覧」

なにが「関西の生活と産業の安定に資するため」だ

テレビが伝えない不都合な真実。6.15首相官邸前抗議行動

この国にはいったい何を学んできたのか

ならば野田首相・西川福井県知事を「原発安全確認無限責任者」に!

野田首相、原発再稼働は「人類に対する犯罪」です

精神論で語っているのは野田首相本人!

今夕、首相官邸前へ! 抗議の声を挙げよう!

再稼働 抗議のダイイン 官邸前、福島の女性ら

大飯原発、地表ずれる可能性 専門家「早急に現地調査を」

「再稼働慎重に」と民主党の117人が署名し、野田に提出

今日から都議会。石原の演説30分を傍聴してきました

「原発」都民投票 げんぱつYES/NO パレード、800名で

またバレてしまいました。5日の会議も開くことできません

<橋下市長>大飯再稼働容認で“敗北宣言”

5月

野田首相の「私の責任」ってなんだ!

「人質」を置き、官邸と「もしもし~」とやりあえれば、安全? 

国会事故調、菅前首相を叩いて、得するのは誰だ

広がる「被災者格差」。そして破壊されるコミュニティー

妄想の世界に生きる原子力マフィアたち

政策決定の透明性=「見える化」こそ最重要

核燃サイクル「秘密会議」暴露される

原発都民投票条例制定 民主部会、賛成の方針

今度は燃料コストがかかるから再稼働だと

家庭だけが節電すればよいのか

国会事故調、東電・武黒一郎フェローの奇妙な動き

み~んなウソだった! これで「集団自殺」はなくなった?

関電、再稼働したいのは電力が足らないからではないと

沖縄返還40年/ドイツ通信第15回/寄稿「住民投票と日本型ファシズムの戦い」

大飯原発再稼働をおおいまち議会が容認

「チェルノブイリのこの現状が26年後の福島ではないと誰が言い切れようか」

東京電力が提出した「総合特別事業計画」に対する3紙の評価

福井県原子力安全専門委員会、こんなものなら必要なのでしょうか

3.11前と同じメンバーでやっているということ自体が信じられません

42年ぶりに稼働原発のないときを迎えて

瀬戸内寂聴さん、「このままの日本を若者に渡せない」と

保安院:「原子力の専門能力も広報も不十分」ネットで反省

4月

班目センセイ、今ごろ言われても……。だから「デタラメ」などと言われるのです

昨年の6月から出し始めて本号で200号です

そもそも地震国に原発は無理

原発・停電恫喝と生活習慣病

「この1年間で積み重ねてきた対策と知見」?

電気事業法では廃止でも、原子炉等規制法では今も「稼働中」

・法的には、とっくにオシャカになったものを追認しただけ
・ドイツ通信11

「確信がないし、責任も取りたくない」から、「証拠は残さない」ということ

原発再稼働5人組の頭=仙谷は何を勘違いしているのか

再稼働の政府「黒幕」は仙谷由人だ!

北朝鮮ミサイルに振り回されたのではなく、振り回した日本政府

環太平洋、地震活動が活発。日本近海も無関係ではない

大飯原発──大阪府・市、再稼働8条件先送り

大丈夫と言っているのは、電力会社と原発大臣4人衆だけ

「テストに不合格なものを商品化することを私は許さない」

再稼働へ「突進」する野田政権

安全基準にまで「暫定」

「東大話法」オンパレードです!

1日遅れの「April Fool」。「日立はすべてを、地球のために」だそうです

3月

「3月11日の、あのね。」見てきました

東電という会社、何を思いあがっているのでしょう

ようやく春になりましたが……

汚染水、また海に流出、ストロンチウムも

<泊原発>5月5日停止へ 現在唯一稼働

繰り返します。原発問題は「二項対立」ではありません

幕(再稼働)は開くのか、いつ…

「安全」しか出ないサイコロでたぶらかしてきた

3月24日「再稼働を許さない さようなら原発1000万人アクション」集会とパレード

「お金が入るのならもらって、死ぬ前にいい生活がしたい」にどう応えるか

唯我独尊、傲慢それらすべてを動員しても足らない、東電会長・勝俣恒久

岸和田のお調子者・田中知東大教授へ、だんじり曳いても原発曳くな!

瓦礫処理、環境省吊り広告の怪? 空中線量が同じだから大丈夫?

要はこの世の中カネといってしまうと身もふたもない話だったということ

3.11行動 日比谷公園に1万人 国会を人の鎖で囲む!

沢田研二さん、脱原発に賛成

東北をダシにしていませんか?

“スルー”される大熊町

「政治家がダメでも官僚がしっかりしている」はずじゃなかった?2月

2月

3.11は日比谷公園中門に!

毎時、何十トンもの水、どこへ?

公文書に対する日米のポリシーや哲学の違いに愕然

アメリカ原子力規制委員会の議事録が語る原発事故の10日間

吉岡斉さんの講演録から(2)

原発稼働の住民投票、31万人署名提出…東京

吉岡斉さんの西南学院大学での講演録入手

橋下大阪市長と大阪自治労問題を考える

原発ムラの人たちの言い訳集

福島第一直下で地震も いわきと地下構造類似

東電の想定外とJAXAの想定外の事故を想定しての危機管理

2号機温度計、90度超える=東電「再臨界ない」

東京湾海底20センチ超の泥からセシウム 近畿大調査

「溶けた燃料がどこにあるか分かっていない」からこういうこと起こるんだ

5日、温度上昇、再臨界か確かめる??

【原発の不都合な真実】原発は温暖化対策に役立たない

40年超「再稼働ありえない」 敦賀、美浜の2基対象=細野担当相

橋下大阪市長の核武装発言

1月

<IAEA>安全評価審査は妥当…原発再稼働可否判断に道筋

原発住民投票 意思表示へ扉を開こう

組織として安全を目ざすために重視されるべき事項

【国民投票無力化へ】の動きが

「シカタガナイ」という「呪文」

福島第一で起きたこと

議事録がない!?

ストレス審査にOKを出した男たち

非常用電源未接続問題、東電に緊急性の認識なし

再稼働をしないとこうなるぞという恫喝

阪神大震災から今日で17年がたちました

「脱原発世界会議 2012 YOKOHAMA」

元旦の地震でタンク水位急下

正月に福島でセシウムの降下量が増加したわけ

住民投票請求署名 大阪市、法定数大幅に超える

六ケ所村の核燃再処理工場、再開へ準備

3.11以降、日本(世界)は変わったか

今年は脱原発社会に舵を切れるか

04年に、安井正也が直接処分試算廃棄命令